www.sudhiruk.com

ナビゲーション: トップ > 食事

食事

タイの主食であるおコメは、インディカ種となるタイ米。
細長く、日本米と比べてばさばさしている。
なので、そのままではちょっと物足りないものであるのだが、炒め物、チャーハンなどには、愛称が抜群である。

バンコクなどの中部タイでは、基本食事で出てくるものは、お米にトムヤムなどのスープ、野菜炒めといったところである。
お肉に関しては豚と鶏がメインで、どちらかと言えば牛肉はあまり食べないようである。

魚については、海岸部を除くと、川魚がメインとなる。
料理の仕方は主に揚げ物やスープとなる。
魚介類の海老、蟹も人気が高い。

野菜については、中華の影響もあるようで、茄子、空芯菜、小型の赤玉葱、カといったものが中心に料理に使用されている。

味付けには基本的に魚醤を使う。
ナンプラーは特に有名で日本でも手軽に手に入れることができる。
他にもニョクマムなどがある。

「プリッキーヌー」といわれる小粒の唐辛子もタイの代表的な素材で、タイ料理の辛さを演出している。

タイ料理でもっとも有名なものははやりトムヤンクンになるのでは。
「トムは煮る」「ヤム は混ぜる、「クンは海老」という意味。
なので、材料に海老ではなく鶏が使われる場合は「トムヤムガイ」となる。

トムヤンクンは世界3大スープの1つともいわれているが、後の2つは「ブイヤベース」と「フカヒレのスープ」となる。

麺料理も美味しくて、「パッタイ」といわれる「タイ風焼きそば」も人気。
「パッは炒める」の意味。